読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君たちは永遠にそいつらより若い

技術と音楽と日々のこと。

exiftool ・ Image Magick で Exif Orientation 情報を追加・編集する



Exif Orientation 情報を追加する方法と編集する方法。

Orintation 情報の形式

Orientation は、Exif 2.3 規格において、 1〜8 の数字で規定されている。 http://www.cipa.jp/hyoujunka/kikaku/pdf/DC-008-2010_J.pdf (P.34) http://www.cipa.jp/english/hyoujunka/kikaku/pdf/DC-008-2012_E.pdf (P.35)

いろんなアプリで数字だったり、文字列だったりとバラバラなので混乱しやすい。 以下、早見表。exiftool の value の通りに動かすと、元の画像に戻る。

Exif定義 = exiftoolのvalue = Image Magickのvalue
----
1 = Horizontal (normal) = top-left
2 = Mirror horizontal = top-right
3 = Rotate 180 = bottom-right
4 = Mirror vertical = bottom-left
5 = Mirror horizontal and rotate 270 CW = left-top
6 = Rotate 90 CW = right-top
7 = Mirror horizontal and rotate 90 CW = right-bottom
8 = Rotate 270 CW = left-bottom

※CW=Clock Work = 時計回り

Orientation 情報付与

$ exiftool -Orientation=6 -n add_orientation_img.jpg
or
$ exiftool -Orientation="Rotate 90 CW" add_orientation_img.jpg

exiftoolは、Orientation情報を Rotate 90 CW のような文字列で操作するので、数字で値を入力したいときは、-n オプションを使う。

Orientation 情報編集

$ convert input_img.jpg -orient right-top output_img.jpg

convert の orient は、Exif Orientation情報が存在していない場合に、新しく付与することはできない。編集に限定される。また、Orientation情報 を right-top のような文字列で操作する。(早見表をみるべし)

おまけ

  • Orientation情報の変更を確認する
$ identify -verbose edited_img.jpg | grep Orientation
  Orientation: RightTop
    exif:Orientation: 6

 

  • Image Magick で Orientation 情報を使って写真を回転させる
$ convert -auto-orient -strip input_img.jpg output_img.jpg

-strip で、余分な exif情報を消去しておくこと。

参考