読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君たちは永遠にそいつらより若い

技術と音楽と日々のこと。

GitHub Pages の概要説明と作り方(自動生成編)

Web


GitHub Pages を使ったことが無かったので作ってみた。

※英語が読める人は以下Docsが超絶分かりやすいので、これを読めば良いと思います。

Creating Pages with the automatic generator

https://help.github.com/articles/creating-pages-with-the-automatic-generator

Help about Pages

https://help.github.com/categories/20/articles


GitHub Page とは?

こんな感じのもの http://kuteken.github.io/test_github_page/

f:id:kuteken:20131025015019p:plain

  • GitHub で公開中のリポジトリ1つにつき1ページの静的なWebページを作れる
  • アカウント1つにつき1ページのユーザページも作れる
  • URLは http://username.github.io/repository_nameとなる
  • テンプレートによる自動生成(この記事)と手動生成(html, Jekyll)が選べる
  • テンプレートには、リポジトリのDLリンクなど標準装備
  • Google Analytics Tracking IDもサクッと入れられる
  • 作ってから表示されるまでに10分くらいかかる

GitHub Page を作る流れ(自動生成編)

1.リポジトリを作る(既存リポジトリを使ってよし)

f:id:kuteken:20131025012556p:plain

f:id:kuteken:20131025012837p:plain


2.Automatic Page Generator 起動

  • リポジトリメニューの右下の方にある Setting へ移動
  • Setting ページから GitHub Pages(割と下の方) > Automatic Page Generator をポチる

f:id:kuteken:20131025013121p:plain


3.内容を書き連ねる (効果計測したければGAタグのIDを入れる)

f:id:kuteken:20131025013427p:plain


4.テンプレートを選ぶ

f:id:kuteken:20131025013737p:plain


5.できた(10分くらい待ったら表示されるようになる)

f:id:kuteken:20131025013918p:plain


軽いDemoサイトも含めてさらっとGithubで作れるということでした。

GitHub Pages を作る流れ(手動生成編)も気が向いたら書くかもです。